Kottiは、7oz (約205ml)サイズの紙コップに適合します。
Kotti ¥1,500(税別)/個  
Kotti Stand  ¥1,500(税別)/台 
木の種類:ウォルナット(焦茶)、チェリー(赤茶)、メープル(白木)
(1Kottiにつき、紙コップ1個 付属)

Kotti(コッティ)の先に広がる風景

(注意)7oz(オンス)約205mlの紙コップに適合しています。



木の取手

nokkaならではの心地よい手触り感。その木の素材を活かした仕上がりは、マグカップでは感じられない優しさが手に伝わります。紙コップで飲んでいることを忘れそうな、まさに新しい紙コップスタイルをお楽しみ下さい。

IMG_9237.JPG

IMG_9239.JPG

安心感プラス

Kottiは紙コップ用のカップホルダーです。カップから伝わる熱の心配や、僅かな風や振動でカップが転ぶ心配がないように、カップホルダーとしての基本機能はしっかり果たしながら、安心してお使い頂けます。
さらに、底の台座はコースターの役割も果たします。
一度セットしたら、前後・左右・上下どの方向にも外れず、安心してお使い頂けるホールド感もKottiの特徴です。

紙コップって美しい

Kottiをデザインする時に心がけた一つが、紙コップのシンプルで美しいデザインを引き立たせたいということでした。最近では、様々な絵柄がプリントされたカップも多く、そんなカップをセットして楽しむことが出来るのもKottiならではです。

IMG_9330.JPG

取り付け・取り外しがカンタン

Kottiは、紙コップの特徴(強度)のおかげで生み出されたと言っても過言ではありません。取り付け時には、高さ方向の強度を受けてしっかりホールド。そして、取り外す時は、側面部は潰れやすい特徴を活かして、ひとつまみで取り外すことができます。(動画でもご紹介しています。)
セット時の「パコッ!」という音が心地よく響きます。


インテリアのアクセサリーにも

カップを外した後は、専用のスタンドに連ねて収納すると、収納スペースをコンパクトにすることができます。
また、その形はKottiが螺旋状に積み重なるので、ちょっとしたインテリア・アクセサリーとして卓上の飾りにもなります。
使って嬉しい。飾って嬉しい。そんなKottiです。

IMG_9159.JPG
(Kotti Stand に10個重ねた一例です)

IMG_0041 2.JPG

「Kotti」名前の由来

= コ ッ テ 」 木の取手なので、あて字のようなニュアンスから「コッティ」というネーミングになりました。また、コーヒーの「コ」や、紅茶などの「ティー」にも掛けあわせました。
軽快でちょっと愛嬌のある名前にして、多くの方に親しんで頂きたいという願いでつけました。

Kotti誕生の背景

nokkaでは、これまで普通の紙コップで飲み物を飲んでいました。熱い飲み物を飲む場合には、ちょっと持ち手が辛いので、「カップホルダーを作ろうか・・・」という展開になりました。できればマグカップのよな取手があるデザインにしようというイメージから試作を作り、ある時、そのカップホルダーでお客様へコーヒーを出したところ、話題がカップホルダーで盛り上がりました。もっと安定感と使用感の品質を上げれば、多くの方に歓んで頂けるのではないかという思いが湧いてきて、このKottiが生まれました。

仕上げと塗装

人間の指先はとても繊細です。目で見て気づかないザラつきも、指先は敏感に感知します。Kottiは、カップホルダーという「機能」だけではなく、使うことの「効果」を意識してデザインされています。できるだけ触れ心地の良さを味わって頂きたいので、研磨作業にかなりの割合をかけています。
また、木材の保護に欠かせないのは塗装ですが、汚れの染みこみを抑えつつ、木の素材感を十分に感じて頂ける、ウッドワックスで仕上げています。Kottiに使われているウッドワックスは、安全基準の厳しいドイツの「OSMO社」の製品を使用しています。スクリーンショット 2016-07-14 23.27.17.png

(OSMOのサイトはこちら)

木の種類と色

現段階でKottiに使われている木材は、nokkaの家具でも使用されている、ブラックウォルナット(焦茶)、ブラックチェリー(赤茶)、ハードメープル(白木)の3種類です。
Kottiは着色はしておらず、もともとの木の色と木目が現れています。いずれも、産地は北アメリカです。今後、他の樹種のKottiも製作していく予定です。

IMG_9257.JPG

よくある質問 Q&A

Q 7oz(205ml)以外の紙コップに適合するKottiはありますか?
A 現在は、7oz(205ml)の紙コップに適合したものだけでございます。将来的には、他のサイズの紙コップに適合するKottiも製作する予定です。もしも個別に7ozサイズ以外のKottiをご希望の場合は、特注になりますが、出来る限りご要望にお応えしたいと考えております。どうぞお問い合わせ下さい。

Q 7oz(205ml) サイズの紙コップはどこで買っても一緒ですか?
A Kotti開発にあたり独自で調査したところ、205ml表記の紙コップでも、寸法は微妙に違いがあるようです。同じメーカーでも購入した時期やお店によって違う場合もありました。独特の構造上、紙コップの高さと底部の直径の寸法が重要ですが、Kottiは、なるべく殆どの7oz(205ml)サイズ表記の紙コップが搭載できるように設計・製造しております。しかしながら安全にお使い頂くためにも、搭載する際には、極端に紙コップが変形したり、極端にゆるくないか、よく確認してからご使用下さい。
また、一度に大量に紙コップを購入する際にも、事前にご確認頂くことをお勧めいたします。

Q Kottiは水洗いできますか?
A 中性洗剤を使った通常の水洗いはできます。しかし、天然木の特性上、長時間濡れた状態にしますと、本体が膨張・変形し、カップの搭載に不具合が出る恐れがありますので、なるべく短時間で洗い終え、よく水分を拭きとって、清潔に乾燥させて下さい。

Q お手入れはどのようにしたら良いのでしょうか?
A 「OSMO社」のワックスアンドクリーナーというメンテナンスグッズがあります。(お求めの際には、お問い合わせ下さい。)
また、通常では、汚れは乾拭きで拭き取るか、固く絞った布で拭き取ることもできます。

Q 電子レンジ・食器洗浄乾燥機は使うことができますか?
A 天然木のため、電子レンジ・食器洗浄乾燥機はご使用にならないでください。

Q Kotti Stand は、何個まで積み重ねることができますか?
A 最大で18個です。デザインのお好みにもよりますが、6個〜12個位までが多くお客様に選ばれています。


Kottiの「知的財産権」について

※ Kottiは、知的財産権に関する出願を済ませております。